【共催シンポジウム】AYA研×がんノート コラボイベント

AYA研 × がんノート コラボ企画

 「AYA世代トークイベント」

AYA世代(15歳〜39歳)で、がんを経験されたGIST経験者の泉川 しずかさん 、大腸がん経験者の川口 健太朗さん、急性リンパ性白血病経験者の友寄 蓮さん、急性骨髄性白血病の保坂 翔大さんをゲストに、国立国際医療研究センター病院 乳腺腫瘍内科 清水 千佳子科長・がんノート 岸田 徹代表をモデレーターにトークを繰り広げます。
また、当日はYouTube「がんノート」から生配信していますので、現地参加できない方もネットから是非ご覧&ご参加ください!
YouTube:https://www.youtube.com/c/gannotejapan/

「AYA世代がんトークイベント」

日時:2019年5月25日(土)
__・生放送:13時スタート、14時30分終了
__・交流タイム:~15時30分
会場:国立がん研究センター中央病院 8階 患者サポート研究開発センター
上記日程にて、AYAがんの医療と支援のあり方研究会(以後、AYA研)と、NPO法人がんノートが共催するAYA世代のがんトークイベント(約60分〜90分)を開催いたします。

[当日参加される皆さまへ]

・当日は、国立がん研究センター中央病院8F患者サポート研究センターに、12時45分ごろまでに会場入りしていただけますと幸いです。(※13時から放送などスタートいたします。)

・参加申込などはございませんので、直接現地にお越しください。

・参加者の皆さまへお茶をご用意しておりますが、数に限りがございますため、先着順にお配りいたしますことをご了承ください。

・登壇者について

◆GIST経験者の 泉川 しずかさん
◆大腸がん経験者の 川口 健太朗さん
◆急性リンパ性白血病経験者の 友寄 蓮さん
◆急性骨髄性白血病の 保坂 翔大さん
をゲストにお迎えします。(名前順)

~5月25日 登壇者の応募は締め切りました。多数のご応募ありがとうございました。~

つきましては、ゲストがん経験者としてご登壇いただける「AYA世代(15歳から39歳)で、がんを経験された方(現在、AYA世代かは問いません)」を募集いたします。

当日は、簡単な病歴のご説明と、ファシリテーターからの質問に対してご回答していただきますが、ゲストの皆様は、特別なご準備は必要ありません(場合によって、闘病歴の簡単な文章を作成していただくことがございます)。

なお、今回の企画では応募者の中から、がんの種類などに偏りがないよう、2~3名ご登壇頂き、アットホームな雰囲気で進める予定です。

全国どこからでもご興味があれば、下記フォームより気軽にご応募いただけますと幸いです。
*謝金なし、交通費実費支給あり

【応募者資格】
・AYA世代(15歳~39歳)で、がんを経験された方(現在、AYA世代かは問いません)
・顔出し、名前出し<ニックネーム可>が可能な方(YouTube Liveにて生配信されます)
・日本在住の方(全国どこでも可)
・特定の治療法、代替療法、健康食品等を推奨する団体の運営者または個人でないこと
・特定の政治団体、宗教団体を支持する団体の運営者または個人ではないこと

【応募フォーム】
https://forms.gle/DaZjbrHUQzp8JSci7
※メールアドレスは、PCメールを入力してください。(携帯メール不可)

※迷惑メール設定やドメイン指定などで受信制限を設定している場合は、Google からのメールが受信できないことがあります。受付完了メールは、「@google.com」ドメインのメールアドレスから送信いたします。

受付完了メールが届かない場合は、大変お手数ではございますが、下記AYA研事務局までお問い合わせください。

【応募期間】
4月 1日(月)~4月15日(月)18時まで
※4月25日(木)に、皆様に選考結果をメールにてご連絡致します。

【お問い合わせ】
AYA研事務局 office@aya-ken.jp