【AYA研ブログ】AYA研×がんノート「AYA世代がんトークイベント」in 滋賀医科大学‘若鮎祭’

title0.png

10月27日は、滋賀医科大学学園祭‘若鮎祭’内で、AYA研×がんノート コラボ企画「AYA世代がんトークイベント」が開催されました。AYA世代でがんを経験された 4名をゲストにむかえ、妊孕性温存、子供への伝え方、就職・転職、緩和ケアなどの話題がくり広げられました。また、滋賀医大の医学生から、「将来の医療者へ伝えたいこと」をテーマに告知された当時の心情やその後の人生で大切にしていること、そして将来の医療者に望む姿などの質問もあり、それぞれのゲストから深い思いがしっかりと伝えられたトークでした。
がんノートのYouTubeライブ配信の後、現地参加の皆さんとのオフレコ座談会には、熊野古道ウォーク「Kumano Kodo for a Cure」を終えたばかりの若年乳がん経験者Juliaさんも飛び入り参加され、ライブ配信だけでなく座談会も時間を超過する盛り上がりとなりました。

生配信を見逃したという方は、ぜひYouTubeで検索してご覧ください。
またこの日はAYA研のピンバッチが初お目見え!
AYA研への募金にご協力いただきましたみなさまへお礼としてデビューとなったピンバッチですが、色とりどりの種類にどれにしようか迷われる参加者さんもおられたほど…乞うご期待ください!
【開催概要】https://aya-ken.jp/archives/3000
【当日の動画はこちら】#122 がんノート x AYA研 AYA世代のがんトークin 滋賀医科大学”若鮎祭” 

最終打ち合わせ中の緊張な面持ち!

写真右から)NPO法人がんノート代表理事 岸田 徹さん、滋賀医科大学5回生の木藤 寛敬さん、横紋筋肉腫経験者の和田 瑛さん、腺様嚢胞がん(舌下腺)経験者の山水 雅代さん、若年乳がん経験者のJuliaさん、慢性骨髄性白血病経験者の梶 文祥さん、胃がん経験者の越澤 美幸さん、滋賀医科大学3回生の十河 亜裕子さん、AYA研広報委員 河合 由紀さん(滋賀医科大学 乳腺・一般外科)

ピンバッチは全部で7種類あります。

担当:AYA研 広報委員 河合 由紀
(滋賀医科大学外科学講座
乳腺・一般外科)