【AYA研ブログ】AYA研×がんノート コラボイベント IN 岐阜大学

title0.png前回の滋賀医科大学に続いて、岐阜市の岐阜大学サテライトキャンパスでのAYA研xがんノートコラボ企画「AYA世代がんトークイベント」が岐阜大学医学部附属病院がんセンターの協力の下、無事終了いたしました。

今回のゲストは愛知県の19歳で慢性骨髄性白血病を発症した植田さん(28歳)と、20歳で縦隔胚細胞性腫瘍佐野さん(34歳)、神奈川県の37歳でS状結腸癌を発症した斉田さん(41歳)の3方で、全員ご結婚されており、斉田さんはご主人もご一緒に参加されました。

1月13日と厳冬期で、雪などの悪天候も懸念されましたが、当日は好天に恵まれ、3名のゲスト、それぞれの自己紹介から、恋愛・結婚、妊孕性、仕事、治療中の情報、キャンサーギフトのことなど、幅広いテーマについて、ざっくばらんに語り合うことができました。岐阜での開催ということで、妊孕性に関する簡単な説明もさせていただき、ゲストそれぞれの経験や考えたこと、心境の変化などについても語っていただくことができました。最後に、「今闘病中のあなたへ」のメッセージを色紙に書いていただきトークコーナーは終了となりました。

引き続き行った、参加者(約20名)が3グループに分かれてのオフレコ座談会では、何のテーマも役割も決めることなく開始したにも関わらず、時間を忘れて大変な盛り上がりをみせました。
今回も、多くのがん経験者、治療中の患者、その家族、がん治療に関わる医療従事者の皆様が、岐阜県内だけでなく、愛知県や三重県からもご参加いただき、普段直接言うことができない事、や聞くことができないことなどをフランクに語り合えた素晴らしい時間となりましたことを心より御礼を申し上げます。

【開催概要】https://aya-ken.jp/archives/4038
【当日の動画はこちら】#127 AYA世代のがんトーク in 岐阜 共催:AYA研・岐阜大学

担当:AYA研 広報委員 古井 辰郎
(岐阜大学大学院医学系研究科
産科婦人科学分野)